Tuesday, April 21, 2009

このブログについて

このブログではメンタルレイというレンダリングソフトウェアについて書いていきたいと思います.

メンタルレイとは

メンタルレイ(mental ray)はドイツの mental images GmbH 製のレンダリングソフトウェアです.mental images 社は NVidia という会社の子会社です (2009年現在).Maya, 3dsMax, SoftImage XSI, などの DCC (Digital ContentsCreation) Software, あるいは Solidworks などの CAD などのレンダラとして利用されています.建築などの分野でも利用されていますが,StarWars や Matrix,最近では The Curious Case of Benjamin Button (邦題:ベンジャミン・バトン--数奇な人生) などの映画の特殊効果(Special Effect)に使われているようです.

http://www.mentalimages.com/products/mental-ray.html
http://www.mentalimages.com/gallery/motion-pictures.html

機能は豊富で高品質な画像を生成できる,というのが売りですが,なんでもできるというのは使うのが難しいという面もあります.特にシェーダー(shader) のカスタマイズの可能性はかなり広い一方,本当に使いこなすのは難しいと思います.通常は用意されているシェーダー(shader) を使うだけでもかなりのことができます.私の友人は mental ray を Ferrari に例えていました.Ferrari なのはイタリア人だからかもしれませんが,曰く,「どう使うか知らなければ動きもしないが,ちゃんと使えば (映画の) Matrix が作れる.」しかし,1ユーザとしてはもっと簡単だったらなあと思うことしきりです.

ところで,私の知る限りでは,メンタルレイの情報はほとんどが英語で提供されているので,できるだけ英語を併記しておくことにします.英語のページもどうぞ.

No comments:

Post a Comment